【官公庁】コロナウイルス感染症支援策について(支援策、助成金)

更新日:2020年03月17日

官公庁のコロナウイルス感染症についての経営相談や助成金等の支援策を掲載しております。


産業労働省のコロナ関連の詳細はこちら
https://www.meti.go.jp/covid-19/

(1)コロナウイルスに関する経営相談窓口(土日も対応)

経済産業省は、今般の新型コロナウイルスの発生により、影響を受ける、またはそのおそれがある中小企業・小規模事業者を対象に、経営相談窓口を開設しています。
土日も対応しておりますので、ご相談のある方はお近くの事務所にお問い合わせ下さい。

東京都よろず相談室 新橋事務所の問い合わせ先
電話番号:03-6205-4728

(2)コロナウイルスに関する助成金

1.【厚生労働省】雇用調整助成金

景気の変動、産業構造の変化その他の経済上の理由により、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、一時的な雇用調整(休業、教育訓練または出向)を実施することによって、従業員の雇用を維持した場合に助成されます。
主な受給要件や助成額については下記の厚生労働省のリンクよりご参照下さい。
 

2.【厚生労働省】新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金

新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、小学校等が臨時休業した場合等に、その小学校等に通う子の保護者である労働者の休職に伴う所得の減少に対応するため、正規雇用・非正規雇用を問わず、労働基準法の年次有給休暇とは別途、有給の休暇を取得させた企業に対する助成金を創設します。

助成金の詳細や具体的な申請手続は、下記のリンクをご参照下さい。

3.【厚生労働省】時間外労働等改善助成金

中小企業・小規模事業者が時間外労働の上限規制等に円滑に対応するため、生産性を高めながら労働時間の短縮等に取り組む事業主に対して助成するものであり、中小企業における労働時間の設定の改善の促進を目的としています。
新型コロナウイルス感染症に対策する助成金は下記の2つです。

厚生労働省の労働時間等の設定の改善ページは下記をご参照下さい。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/index.html

 

 

1 時間外労働等改善助成金(職場意識改善特例コース)


新型コロナウイルス感染症対策の1つとして、病気休暇制度や、お子さまの休校・休園に関する特別休暇制度を整備し、従業員が安心して休める環境を整備することが重要です。
このコースでは、特別休暇制度を新たに整備の上、特別休暇の取得促進に向けた環境整備に取り組む中小企業事業主の皆さまを支援します。

2 時間外労働等改善助成金(テレワークコース)

「時間外労働等改善助成金」(※令和2年4月1日以降は「働き方改革推進支援助成金」に名称変更予定)に新型コロナウイルス感染症対策を目的とした取組を行う事業主を支援する特例コースを時限的に設けます。
新型コロナウイルス感染症対策としてテレワークを新規(※)で導入する中小企業事業主が対象となります。

※試行的に導入している事業主も対象となります

 

 

この記事に関するお問い合わせ先

商業・ものづくり課 中小企業支援係

〒141-0033
東京都品川区西品川1-28-3
電話番号:03-5498-6340 FAX番号:03-5498-6338