【メードイン品川】Varinos株式会社がJapan Venture Awards2020で経済産業大臣賞を受賞しました

更新日:2020年02月26日

(代表取締役の桜庭喜行様は上記写真右)

平成30年度メードイン品川ブランドに認定された子宮内フローラ検査Varinos株式会社、中小機構主催、革新的で潜在成長力の高い事業や社会的課題の解決に資する事業を展開するベンチャー企業の経営者を表彰する 「Japan Venture Awards (JVA) 2020」 において、経済産業大臣賞を受賞いたしました。

Varinos株式会社は、不妊・少子化の社会問題を解決すべく、女性の子宮内細菌バランスを調べる「子宮内フローラ検査」を世界で初めて実用化し、遺伝子・ゲノム検査の分野における事業の革新性や将来性が評価されての受賞となりました。

 <Japan Venture Awards(JVA)について>
JVAは、独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)が開催する、革新的かつ潜在成長力の高い事業に取り組み、ロールモデルとなるような志の高い起業家を称える表彰制度です。次世代を担う経営者の育成を目的に、有望なベンチャー起業家を経営者のロールモデルとして社会に広く周知する取り組みで、2000年から開催されています。「Japan Venture Awards 2020」は、2020年2月25日、東京都港区の虎ノ門ヒルズフォーラムで表彰式が開催されました。

 <Varinos株式会社>
 診断や治療方針の決定にゲノム情報を利用するゲノム医療の実現化を目指したベンチャー。登録衛生検査所として精度管理を徹底しながら医療機関に次世代シークエンサーを使った検査サービスを提供してゆく。子宮内フローラ検査を世界で初めて実用化した。直近では、日本産科婦人科学会が主導するPGT-A多施設特別臨床研究に解析機関として参加する。最新のゲノム検査をタイムリーに市場に投入することで日本のゲノム医療の活性化を図り、医療の現場でゲノム検査がもっと身近なものになる社会の実現を目指す。

代表取締役の桜庭喜行様からは、「今回、このような素晴らしい賞を頂くことができ、社員一同で喜んでおります。2018年に「子宮内フローラ検査」をメードイン品川ブランドに選んでいただいたことも含め、多くの皆様の応援のおかげでここまで来ることができました。頑張って国内だけでなく海外にも展開して行きたいと思っております。引き続き応援いただけたら幸いです。」とのお言葉を頂きました。

この記事に関するお問い合わせ先

商業・ものづくり課 中小企業支援係

〒141-0033
東京都品川区西品川1-28-3
電話番号:03-5498-6340 FAX番号:03-5498-6338