ビジネス支援講座

 品川産業支援交流施設(SHIP)にて、企業経営の革新や技術開発・品質向上のヒントとなるような内容をテーマとした講座を毎月1回開催しています。

 

平成30年8月の講座

平成30年8月8日のビジネス支援講座につきましては、台風13号の接近のため、延期とさせて頂きます。
日程の再調整が出来次第、ホームページに公開致します。
どうぞご了承下さい。

開催日

平成30年8月8日(水)午後6時〜8時(会場は17時30分〜)

場所

品川産業支援交流施設(SHIP)4階 多目的ルーム
(品川区北品川5-5-15 大崎ブライトコア)

テーマ

中小BtoB企業によるウェブマーケティング
〜顧客開拓のための効果のある仕組みづくり〜

講 師

山口 洋平 氏
日本政策金融公庫 総合研究所 研究員

内容

 企業間取引(BtoB)を主体とする中小企業は、かつては固定的な取引関係の中で与えられた納期・品質・コストの対応に注力してきたため、 顧客開拓の必要性は少なかったといえます。しかし、取引関係の流動化が進む現在では、中小BtoB企業であっても顧客開拓の必要性が高まってきました。
そこで注目されるのがウェブサイトの活用です。ですが、企業対消費者間取引(BtoC)と比較するとBtoB企業のウェブ活用は進んでいるとは言い難く、成果をあげられていないケースも多いのが実情です。
 本講座では、中小BtoB企業がウェブマーケティングに取り組むにあたって必要となる基本的な考え方、注意するべきポイントについて、企業事例を基にご説明いたします。
 

平成30年9月の講座

開催日

平成30年9月12日(水)午後6時〜8時(会場は17時30分〜)

場所

品川産業支援交流施設(SHIP)4階 多目的ルーム
(品川区北品川5-5-15 大崎ブライトコア)

テーマ

ドイツから日本の中小メーカーへの示唆
〜高い技能、充実した職業訓練、内外への販路開拓〜

講 師

岩本 晃一 氏
独立行政法人 経済産業研究所 上席研究員 

内容

 ドイツ人は自分の国のことを「中小企業の国」と呼びます。
1989年の東西統一により一度は経済が崩れかけたのをきっかけに、 ドイツは国をあげて製造業、特に中小企業の輸出振興に取り組み、中小企業は生き残りをかけて積極的に外国市場に進出をしていきました。
ドイツの中小企業は、大企業をしのぐペースで成長し、欧州の他国と比べても付加価値および雇用者数の双方で 大きく伸びており、「独り勝ちのドイツ」と呼ばれるまでに経済再生に成功しています。
 この講座では、現地調査に基づくドイツの中小企業の特徴に触れながら、日本の中小企業との違いについて言及します。日本の中小企業が抱える課題を解決するための示唆を与えるものとなれば幸いでございます。
 

お申込み

品川区商業・ものづくり課(рT498−6334)へご連絡下さい。


本事業実績

年度 開催回数 内容 参加費
平成30年度 3回 詳細 無料
平成29年度 12回 詳細 無料
平成28年度 12回 詳細 無料
平成27年度 10回 詳細 無料
平成26年度 12回 詳細 無料
平成25年度 12回 詳細 無料
平成24年度 12回 詳細 無料

お問い合わせ

商業・ものづくり課 中小企業支援係 〔〒141-0033 品川区西品川1-28-3 地図
電話番号:03-5498-6334
FAX番号:03-5498-6338