工場見学会【丸富製紙梶Aタマチ工業梶z

 平成25年3月6日(水)に、区内の事業者様を対象とした工場見学会を開催しました。これは、異業種の方々による交流を深めて頂くとともに、各種の先進的なものづくりに触れることで、ものづくりにおける新しい何らかのヒントを得て頂けたらと考え、企画したものです。
 当日は23名で、午前は丸富製紙鰍フ富士根工場、午後はタマチ工業鰍フ西富士工場を見学しました。


丸富製紙 富士根工場

 丸富製紙は、1955年創業以来、古紙原料の再生処理技術を確立した、創造型中堅企業です。 原料に牛乳パックなどの上質古紙を100%使用し、品質の優れた衛生用紙を製造されてきました。
 見学会では、同社の会社概要や、原料から分解・抄紙・加工などの製紙工程をご説明いただきました。
 その後、工場内で製紙工程とあわせて製造過程で発生する廃棄物の処理についてもご説明いただきながら、焼却炉熱回収設備、廃水処理設備など環境に配慮された最新の設備を見学しました。

     

タマチ工業 西富士工場

 タマチ工業は、1912年に飛行機エンジン試作を行った「太田工場」を起源とし、以来100年間、自動車業界に携わってきた、品川区に本社を置く中小企業です。 現在は、国内外のレースへ、幅広く最先端の高速・高馬力エンジン部品を供給するとともに、航空機部品、医療用機器等、幅広い産業にを拡げています。
 見学会では、同社のエンジンが搭載されたF1レースの一部上映や会社概要をご説明いただきました。その後、5軸加工機を含むマシニングセンター、3次元測定機など多くの最新設備とともに、整理・整頓された工場内を見学しました。


 今後も品川区ではこのような見学会の開催や、異業種の方々の交流の場を提供していく予定 です。皆様のご参加をお待ちしております。


お問い合わせ

商業・ものづくり課 中小企業支援係 〔〒141-0033 品川区西品川1-28-3 地図
電話番号:03-5498-6340
FAX番号:03-5498-6338