ものづくりに関する講座

 品川産業支援交流施設(SHIP)にて、企業経営の革新や技術開発・品質向 上のヒントとなるような内容をテーマとしたものづくりに関する講座を毎月1回 開催しています。

平成29年6月の講座

開催日

平成29年6月7日(水)午後6時〜8時(会場は17時30分〜)

場所

品川産業支援交流施設(SHIP)4階 多目的ルーム
(品川区北品川5-5-15 大崎ブライトコア)

テーマ

これからの医工連携
〜臨床・製販・ものづくり〜

講 師

柏野 聡彦 氏
 一般社団法人日本医工ものづくりコモンズ 専務理事     
 東京都医工連携HUB機構プロジェクトマネージャー

内容

 医療機器産業は2.5兆円を超える市場規模で景気変動に堅実な成長を遂げています。 しかし、特殊な法規制等が異業種の参入障壁となっています。
 本講座では、無理なく医療機器産業に参入できる製販ドリブンモデルを提唱し、実践に注力してる 柏野 聡彦氏をお招きして、医療機器分野に参入するために準備すべきことや業界動向・勘所をやさしく 解説していただきます。
 新規事業の検討や医療分野に興味がございましたらぜひ参考下さい。  

平成29年7月の講座

開催日

平成29年7月11日(火)午後6時〜8時(会場は17時30分〜)

場所

品川産業支援交流施設(SHIP)4階 多目的ルーム
(品川区北品川5-5-15 大崎ブライトコア)

テーマ

数理工学:社会を支える数学
〜最先端のAI(人工知能)の将来〜

講 師

合原 一幸 氏
 東京大学 教授、最先端数理モデル連携研究センター長

内容

 近年、AI(人工知能)は急速に発展し注目を集めています。
多様な分野で活用の広がりを見せており、製造工程の効率化や、管理体制の強化など 様々な局面で変革させる可能性をもっています。
東京大学 合原一幸 教授をお招きして、実世界を対象にした応用数学の分野である「数理工学」 の概念及びAIを取り巻く最新の動向と将来について先進事例を交えながらやさしく解説していただきます。
ノーベル賞を受賞した山中教授や田中耕一氏を含むトップ科学者30人を支援する最先端研究開発支援プロジェクト (内閣府)に数学分野で唯一先生の研究が採択されております。
日本を代表する科学者からお話を聴ける貴重な機会ですので、ぜひ皆様のご参加をお待ちしております。
 

平成29年8月の講座

開催日

平成29年8月23日(水)午後6時〜8時(会場は17時30分〜)

場所

品川産業支援交流施設(SHIP)4階 多目的ルーム
(品川区北品川5-5-15 大崎ブライトコア)

テーマ

ブロックチェーンの概要と可能性   

講 師

高木 聡一郎 氏
 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)研究部長/准教授/主幹研究員

内容

 今では着実に利用者が拡大している2009年に運用が開始された暗号通貨(仮想通貨)「ビットコイン」。
ビットコインの利用が拡大するとともに、このシステムを支える中核技術「ブロックチェーン」も脚光を浴びています。
今回のセミナーでは、ブロックチェーン分野の第一人者からお話しを聞ける貴重な機会でございます。ぜひご参加ください。  

お申込み

品川区商業・ものづくり課(рT498−6333)へご連絡下さい。


本事業実績

年度 開催回数 内容 参加費
平成29年度 2回 詳細 無料
平成28年度 12回 詳細 無料
平成27年度 10回 詳細 無料
平成26年度 12回 詳細 無料
平成25年度 12回 詳細 無料
平成24年度 12回 詳細 無料

お問い合わせ

商業・ものづくり課 中小企業支援係 〔〒141-0033 品川区西品川1-28-3 地図
電話番号:03-5498-6334
FAX番号:03-5498-6338